バリ島UBUD発チタチタ日記


バリ島のUBUD近郊の村で暮らしています
by cita-cita_bali
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
お気に入りブログ
*リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧

カテゴリ:バリのニュース( 12 )


バリ島 総領事館からのお知らせ(9月7日)

f0229753_21185745.jpg


【総領事館からのお知らせ:デング熱、狂犬病に関する注意】

平成22年9月7日(総10第31号)
在デンパサール日本国総領事館

1.デング熱
インドネシアの風土病の一つであり、従来からバリ島を含むインドネシア全域で
患者が確認されていま
す。バリ島では今年になって患者数が増加傾向にあり、既に例年の年間患者数(
約6千人前後)を上回って
います。
デング熱は季節によって患者数の増減はありますが通年発生が確認されています
。現在はワクチンも治療薬
もありませんので、蚊に刺されないよう防蚊対策をしっかり行ってください。
症状によっては、入院や緊急移送が必要となる場合もあります。加入している海
外旅行保険等の必要な連絡
先を事前に確認されることをお勧めいたします。
(1)予防方法
 ● デング熱を媒介するネッタイシマカ、ヒトスジシマカ等は古タイヤの溝な
どのわずかな水たまりで繁殖
するため都市部でも多くみられることを念頭に置き、外出する際には長袖シャツ
・長ズボンなどの着用によ
り肌の露出を少なくし、肌の露出した部分には昆虫忌避剤(虫除けスプレー等)
を2~3時間おきに塗布す
る。
 ● 室内においても、電気蚊取り器、蚊取り線香や殺虫剤、蚊帳(かや)等を
効果的に使用する。
 ● 規則正しい生活と十分な睡眠、栄養をとることで抵抗力をつける。
 ● 突然の高熱や頭痛、関節痛や筋肉痛、発疹等が現れた場合には、デング熱
を疑って、直ちに専門医師の
診断を受ける。
(2)参考
デング熱の原因はウイルスで、蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺され
て感染します。これらは早
朝や夕方に活発(夜間に刺された事例もあります)で、屋外より家屋内で刺され
るケースが多いようです。
 典型的な症状としては、倦怠感、発熱、関節痛、頭痛、目の奥の痛みなどで、38
度程度の熱が数日続
き、その後発疹が出現します。一段落してからも数週間は肝機能障害や倦怠感が
続きます。重症度は様々
で、風邪程度で済むケースもあります。

2.狂犬病バリ島では2008年11月に初めての患者が確認されて以降、現在でも引き続
き発生しており、これまで
バリ島における狂犬病での死亡者は70人を超えています。インドネシア政府や
バリ州政府もバリ州における狂犬病撲滅のため、犬へのワクチン接種、野良犬の捕獲、ヒト用ワクチンの準備などの対策を行っています。

狂犬病は犬だけでなく猫やイタチ等の他の哺乳動物からも感染する可能性がある
ため、犬や猫などにむやみに手を出さないよう注意し、もし狂犬病のおそれのある動物に咬まれてしまった場合には、速やかに医療機関で受診して適切なワクチンを接種してください。

○参考
狂犬病~もし、咬まれたらすぐに医療機関へ(2010年3月)
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2010C070
以上



バリへ来られるみなさま実は私も1年前にデング熱にかかり大変でしたので
ニャム (蚊)には十分気をつけてください。


詳しい私のデング熱日記はまた今度お話ししま~す!


あと、アンジン (犬)に関しては最近ではボランティアさん達によるノラ犬の捕獲や、飼い犬の
予防接種を行っています。


そして、接種済みの犬はリボンなどを首に巻いているのが目印で~す。
[PR]

by cita-cita_bali | 2010-09-07 21:20 | バリのニュース

バリ島 今日のニュース

今日は悲しいニュースがありました。


私の旦那さんの親戚で前ギャニャール県知事アグン・ブラタさんの奥様が
亡くなれました。


実はこのニュースの一報は昼のバリTVで流され、その時はアグン・ブラタさんも
亡くなられたという誤報でした。


聞くところによりますと、毎週日曜日にご夫婦でパンタイ(海辺)へじゃらんじゃらん
(散歩)に行かれるのが習慣だったらしいのです。


そして、奥様は今日に限ってボートに乗りたいとおっしゃったそうなのですが、
今日は朝から天候が悪く止められたそうです。


そこまではよかったのですが、、、、


そこでお2人は海辺の側で大きな波にさらわれてしまったのです。


奥様を助けようと手を差し伸べたもの2人とも流されしまい、


奥様は何キロも離れたところで遺体で発見されたそうです。


そして、アグン・ブラタさんも何キロ離れた沖合いで助けられ、すぐにサンラ国立病院へ
搬送されたそうです。


そこからがホントかうそかこれはバリ人の話しなのですが、


アグン・ブラタさんは助けられた時は心肺停止状態だった、彼は一度死んだのに
また、生き返ったんだ!


へっ???生き返ったの?


そう、まだ意識はないがICUに入ってから心臓が動きだして一命を取り留めたんだ!


もちろん、今でも予断許さない状態ではあるらしいですが、本当にすごいなぁと思った。


なんでも彼は大きな魚に乗せられてきたんだ!


ええっー誰かその魚を見たの???


でも、そうだとしたら人魚姫がバリの海にいるのかもしれない。。。


本当にバリには不思議なことがたくさんあるのだ。


とにかく今日のニュースはその話しでもちきりだった。


私もそのお2人は知らない人ではないので本当に奥様の訃報は悲しかった。


奥様のご冥福をお祈りすると共に、アグンブラタさんの早い回復をお祈りいたします。
[PR]

by cita-cita_bali | 2010-09-05 22:08 | バリのニュース