バリ島UBUD発チタチタ日記


バリ島のUBUD近郊の村で暮らしています
by cita-cita_bali
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
お気に入りブログ
*リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧

バリ島 デング熱(その1)

f0229753_103347100.jpg


さて、私の人生で2度目の経験が(笑)


それは、入院なのですが・・・


バリに嫁いで16年ですが本当に去年は1年で2回もです↓


ちょうど去年の今ごろ季節の変わり目はやはりバリでも風邪がすごい流行り、
我が家全員順番に風邪をひいて、最後に私?と思っていたら、、、



最初はただの風邪の症状と変わらないので、家にある常備薬で治そうとがんばったのですが・・・


全然治らず3日後ぐらいに近くのクリニックへ~


診断は風邪ではなくてなんだか名前は忘れましたが、今思うと本当にあそこの某クリニックは
いい加減というか恐ろしいwww


もう、薬飲んでも治るどころか夜中に関節が痛い!?


もう、痛くて痛くて寝てられないのです。


その時はまさかデング熱だと思わず、私なんの病気なの???


我慢できず早く楽になりたいよーと前回入院したデンパサールの国立サンラ病院のUGDへ
駆け込みました。


UGDは緊急患者さんが応急処置をするところなのですが、、、


ひゃあ~~そこがまたいろんな病人がいて、いろんな臭いともう病気がもっと悪くなりそうでした。


そこでの検査がまたもう2度と経験したくないものでした。。。


血圧、血液検査まではよかったのですが、その後のデング熱かどうかを見極める検査?


どういうもうのかというと血圧を測る時に腕に巻きつけるゴムみたいなので、ぎゅーと血を止めるんです。


そのまま放置され待つこと5分、いや1時間ぐらいに感じました。


腕はもちろん血が止まってるわけですから痛いのなんの。


もう、あの時ほど時間が経つのを長く感じたことはありません。


そして、そのゴムを取ると小さな点々が浮き上がってきました。


そう、これがデング熱の症状。


その場であなたはデング熱ですから即入院してくださいと言われたのです。



(また、続きは今度)www
[PR]

by cita-cita_bali | 2010-09-15 10:34 | バリの日常・生活
<< バリ島 デング熱体験談(その2) バリ島 去年の出来事(その2) >>